KAZAANA(カザアナ、東京都中央区、代表取締役社長 樫村健太郎)は、日本の伝統工芸品やメイドインジャパンにこだわった商品を、海外へ届ける越境ECサイト「BECO’S(ビコーズ)」を3月2日に正式オープンした。

「BECO’S」は、「技術と野心を持つ職人100人」における「革新的な商品1000点」を集める越境ECサイトだ。

動画、AR、VRなどを用いて、EC販売における高額商品への不安感を解消。

作り手への密着取材によるモノ作りの魅力発信と新たな顧客層の開拓、クラウドファンディングを使った連続的な商品の開発と販売をする。

伝統工芸業界は危機に瀕しており、年間生産規模は、ここ15年で5分の1の1000億円程度にまで縮小している。需要が明らかに縮小している日本国内にこだわらず、最初から世界に目を向けた商品の企画・販売こそ必要。

「BECO’S」は、「挑戦的で野心的な」作り手を集めて、思い切り創作活動に打ち込めるような場所を提供したいと考えている。

>WorkMaster のオリジナル記事はこちら!