【会社設立しました】

2017年09月04日
「株式会社KAZAANA」を設立しました!

2017年6月末に、大変お世話になったヴァンテージマネジメント株式会社を退職してから、今後の人生をどのようにして生きていくのか考えてきました。

そんな状況になったとき、まず頭に浮かんだのは、ここまで育てて頂いた方々への感謝でした。

家族、学校で出会った友人、社会人になって出会うことができた諸先輩方、同僚、パートナーの方々、、、本当に様々な人達にこれまで育てて頂きました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして次に思ったのは、そんな素敵な出会いを作り出してくれた「日本」という国・環境への感謝でした。

全国でインフラが整い、教育を受けられ、安全で快適な住環境があり、全国津々浦々美味しいものが溢れている。そんな日本を作り上げてきた偉大なる先人達への感謝。日本は素晴らしい国なんだと気づきました。

ただ日本にも課題はたくさんあります。

超高速で技術革新が起き、人々の生活様式、さらにはあらゆる価値観でさえ変化していく時代の流れに対して、日本は世界をリードできているだろうか。日本が世界に対して取るべき役割とは何か。

世界から「ものづくり大国」といわれる日本において、職人の高齢化や後継者不足により、古来から脈々と受け継がれてきた技術が失われつつある現状。それらの財産をこのまま失わせてよいものだろうか。

いや、決してそうではない。

あらゆる仕事が、機械やAIに取って代わるこれからの時代だからこそ、人間にしか表現できない技術・文化・心が、ますます大切な時代がくると私は思います。このまま衰退させていくのはもったいない。

そこでまず目を付けたのが日本の「伝統工芸品」

そこには本物の職人技がある、本物の職人魂が宿っている。これを世界に売り込んでいきたい。

ただし、今あるものをそのまま発信しても時代の変化についていくことはできない。アウトサイダーの我々だからそこの視点・発想を加えて、古き良き職人技と融合させ、これまでにない全く新しい商品を開発・発信していく。そして日本と世界へ新しい風穴をあけたい。

それが”KAZAANA”と名付けた由来でもあります。

これから全国を巡りながら、志に賛同してくれる仲間・職人さん探しをしていきます。前途多難な道とは思いますが、命の限り一歩一歩前に進んでいきたいと思いますので、皆様、今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。